神戸市 不正経理訴訟


11月6日(木)神戸地方裁判所において、第22回の裁判が行われました。

神戸市側の証人に対する主尋問の後、古殿弁護士による反対準門が行われ、被告側作成の「緊急内部調査結果報告書」に信用性がないことを追求しました。

 

前の記事

12月の例会開催のご案内

次の記事

兵庫県3互助会